忍者ブログ

雑記

レラティブ・ストレングス計算ツール

雑記 > 株関連 > レラティブ・ストレングス計算ツール

Googleのスプレッドシート

 レラティブ・ストレングス計算用のツールをGoogleのスプレッドシートで作成しました(EXCELやKingsoftのSpreadsheetsを持っていないので)。RSの計算のみで12ヶ月移動平均の計算は行っていません。12ヶ月移動平均は残課題です。今のところ偶然なのかRSの上位がSellになったことはないので先送り事項としました。

 サンプルとしてSMTシリーズの8資産の投資信託を2月末日分まで入力済みです。

(投資戦略からダウンロードできます)


使い方

以下の2つのシートがあります。

  • RS入力 - 対象の投資信託などの月末の基準価額を入力するシートです。私のスキル不足でWeb上から基準価額を自動取得することできず手入力となっています。
  • チャート - グラフ表示用のシートです。RSの計算結果順位と6ヶ月分のチャートを表示します。
RS入力シート

RS入力シートには毎月末の基準価額を入力します。SMTシリーズで行う場合はこのままで3月末日にU3~U10のセルに基準価額を入力します。それ以外でRSの比較を行う場合は最初からの手入力が必要です(その時点で本ツールを使う意味はほとんどないかもしれません)。

11から19行は自動計算を行うフィールドなので触る必要はありません。

チャートシート

A2セルに”2015/2”のようなフォーマットで年と月を指定してください。”2015/2”の場合は2月末の結果がH3から10セルにRSの順位が出力され、上位3銘柄のセルの色がマゼンダになります。またA2セルの入力に合わせグラフの表示範囲が自動で変化します。

H2セルに"MASK"と入力するとRSの順位4位以下のチャートが非表示になります。それ以外の文字列や空白にすると全てのチャートが表示されます。

使用関数

使用関数はOFFSET、MATCH、ISBLANK、IF、AND、RANK、ESDATEだけですべてEXCELと同じ使い方です。シートを全選択でコピーすればEXCELでそのまま使えるかもしれません。



関連記事

投資戦略

移動平均とレラティブ・ストレングスを組み合わせた投資法

レラティブ・ストレングス計算ツール

レラティブ・ストレングス計算ツールをアップデートしました

手入力版のレラティブ・ストレングス計算ツールもアップデートしました

SMTシリーズの12ヶ月移動平均+RSのチャート


コメント

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30