忍者ブログ

雑記

SVN+SSH

雑記 > codeのメモ > SVN+SSH

SVN+SSH

仕事のPC環境で個人用はWindowsで作業用はLinuxサーバの組み合わせで、ソースコード等をWindowsとLinux両方で使う場合、SVNで管理されていればWindows側でcheckoutやexportした方が速いです。

それまでの環境設定は以下の通り。


ssh client

Windows PCであれば最初からsshクライアントが入っているはずです。 コマンドプロンプトでwhereコマンドで確認してください。

where ssh


svn client

svnのクライアントソフトは http://www.visualsvn.com/downloads/ からApache Subversion command line tools をDownloadしてください。

Download後binディレクトリがあるのでWindowの環境変数でPathの設定をしてください。コマンドプロンプトでsvnが使えるようになります。

PuTTY

PuTTYはリモートログオンクライアントソフトで、これがないとsvn+sshができません。

https://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/latest.html からDownloadしてください。

TortoiseSVNをインストール済みであれば C:Program FilesTortoiseSVNbinTortoisePlink.exe で代用できます。

これもWindowの環境変数の設定します。以下のような感じです。

変数
SVN_SSH "C:Program FilesTortoiseSVNbinTortoisePlink.exe" -l [Id] -pw [Password]

How to omit SSH password entry

毎回のsvnコマンドでサーバのログインパスワード入力を求められるのは大変なので、省略できるようにします。

  • Windows側

    以下のコマンドで .ssh/id_rsa.pub が作成されます。

    ssh-keygen -t rsa
    

    id_rsa.pubをサーバ側においてください。

  • サーバ側

    id_rsa.pubを ~/.sshディレクトにauthorized_keys という名前でおいてください。

  • Windows側

    初回のみ以下のコマンドを実施することで毎回のパスワード入力を省略できます。

    ssh -i .ssh/id_rsa [Id]@[Server Address]
    

Code memo home

コメント

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30